2018-03-13

今年も3月16日が来ます

今日は仕事を終えてから仏花を買いにお花屋さんへ。

そしてそれを持ちながら次はお墓掃除へ!

 

6年前、病気で亡くなった義父の亡骸の枕元の傍でショックで倒れ、そのまま旅立ってしまった義母。

数時間前まで元気に掃除して洗濯していたのに、一瞬であちらの世界に行ってしまいました。

 

2時間違いで2人が一緒に旅立った日が3月16日

 

残された私達家族は混乱を極め、今でも記憶が途切れ途切れなほどです。

そんな混乱の日から、もう6年が経ちます。

 

3月16日は私にとって人生の分岐となりました。

あの日までは、農家の主婦として忙しい毎日。

自分の人生を生きている実感が感じられず、なんのために生きているんだろうと思う事もありました。

それが混乱が落ち着いてきた時、自分を取り巻く環境が劇的に変容している事に気づきました。

 

それまでは、あまりにも外の世界とかけ離れたところにいたので、大人なのに電車で遠出する事も危なっかしかったほどです。

でも今では自由に動き回っています。

 

そして狭い世界にいた私が6年の間に変化して、講師として活動しセラピストとしてサロン経営しているのですから、人生ってやぱり自分次第なのだとしみじみ思います。

 

3月16日は義両親の命日であり、私にとっての分岐の日

その日がまた今年もやってきます

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です