2018-01-09

身近にハーブのある暮らし  【生姜】

ハーブボールセラピスト協会湘南校

サロンnicokusaの神山 聖子です

 

今回のハーブは生活の中で薬味的存在の生姜です。

 

食事の中で生姜が主役になる事は殆どないと思いますが、脇役としては名脇役ですよね。

引き立て役として味も香りも効能も抜群です。

その力はハーブボールの中に入っても同じで、身体の温め作用としていい仕事をしてくる存在です。冬には自分で干した生姜をたくさん入れたハーブボールがお客様にとても喜んで頂いていま

す。

生姜の効能として有名なのは体の温め効果ですね。

ただ、意外と知られていないのは生の生姜を摂ってしまうと生姜の解熱作用により逆に身体を冷やしてしまうのです。

なので、すりおろした生姜をそのまま食べると身体を冷やしてしまという事ですねあせる

私は生姜の収穫の時期に大量の生姜の甘酢漬けを作りますが、作る時にスライスした生姜を塩で揉んでから、沸騰した湯で茹でてから甘酢に漬けています。

作っておくと半年ぐらいは大丈夫なのでとてもいい保存食ですし、食べると身体もポカポカしてきます。

食べて身体の中から、ハーブボールに入れて体の外から

生姜は温めの万能選手です音譜

 

ハーブを丸ごと活かすハーブボールにご興味のある方

湘南校、ハーブボールセラピスト養成講座募集中

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です