2018-01-05

身近にハーブのある暮らし  プライ編

ハーブボールセラピスト協会湘南校

サロンnicokusaの神山 聖子です

今日は越冬中の一つプライのお話です。

プライはタイハーブの一種類ですが

このプライをご存じの方はわりと少ないと思います。

日本名ではポンツクショウガと言います。

日本の生姜よりも色が濃くかなり強い香りがしますがこの色と香りが効能の高さを現しているような気がします。

サロンでもタイハーブのハーブボールのファンはとても多くいらっしゃいます。

2年前、自家栽培のプライを干してハーブボールに使えたらと考え、昨年プライの越冬に挑戦し初めて成功しました音譜

プライは2年間土の中で成長させないとプライ本来の香りや色が作られないみたいで、うちの畑のプライも今年の夏、初めての収穫期を迎えます。今からワクワクドキドキです。

それと昨年、初めて越冬に成功した後ぐんぐんと成長し、秋も終わろうとしていた時、プライの根元に何やら赤い筍みたいな形のものが!これなんだろ?と思っていましたら

プライの花であることがわかりました!!

この花、開いてくるとで食べられるそうですが、花が開く前に急に外気温が下がる季節になってしまい、赤い筍の形のまま枯れてしまいましたあせる

今年は湘南校のハーブボールセラピスト講座開講の時期と、この花の開花時期が重なる時があったら受講生の方と一緒にプライの花を味わってみたいと思っています。

 

ハーブを活かすハーブボールにご興味のある方

2018年ハーブボールセラピスト養成講座受講生募集中

 

ハーブボールセラピスト協会湘南校インストラクター

サロンnicokusa 神山 聖子

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です