2018-01-04

身近にハーブのある暮らし  越冬編

ハーブボールセラピスト協会湘南校インストラクター

サロンnicokusaの神山 聖子です。

 

今日はうちの畑の植物達の越冬の事を書いてみたいと思います。

寒いこの時期、動物は冬眠したりしますが、植物達も越冬し春を待っています。

我が家では毎年、ウコン、生姜、里芋は種イモ確保のため、来春の植え付けまで深さ1m50㎝、大きさは2m四方ぐらいの穴を掘り、藁やもみ殻で保護しながら土の中に埋めます。

そして春になるまで穴の中で越冬するのです。

(掘ったばかりの里芋、生姜)

 

春になったら穴から出し、芽が出そうないいものを選んで植え付けします。

毎年こうやって何十年も種を繋いでいるのです。

春に植え付けした後、植え付けに使わなかったウコンや生姜は薄切りにして干し、一年中ハーブボールに使っています。

2年前この越冬仲間に、プライという植物が加わりました。

南国の植物なので初めての越冬の時は半信半疑の挑戦でしたが越冬する事ができ、今年は2度目の冬に挑戦中です。

プライは次回に、ウコン 里芋、生姜に関しては順番にゆっくりと書いてみたいと思います。

ハーブを活かしたハーブボールにご興味のある方は

https://sharesalonkaede.com/

ハーブボールセラピスト協会湘南校インストラクター

サロンnicokusa 神山 聖子

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です